ロゴ

あなたにピッタリの働き方が見つかる職場

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴う説明会や面接等について

ほうせんか病院の5つの働き方

私がほうせんか病院を選んだ理由

看護師歴16年。九州出身。東京の大学病院や、沖縄の急性期病院で勤めたのち、当院に入職。現在は一般障がい者病棟に勤務。旅行が大好きで、連休をとっては海外へ 行くのが楽しみ。

残業が少なく、3連休・4連休で海外旅行も楽しめます。

選んだ理由はなんですか?

私はこれまで、東京や沖縄などでも働いてきました。大阪・茨木市へ来たのは、梅田や京都にもアクセスが便利で姉の家が近かったからです。私はもともと派遣スタッフとして当院で働き始めました。契約期間が終われば他病院へ行く予定でしたが、落ち着いた職場の雰囲気に惚れ込んで「ずっとここで働きたい!」と思うようになりました。入院は週に1件ほど、夜 間オペはなく、胃カメラや大腸などの検査も昼間に行うため夕方にはありません。バタバタせず心穏やかに働けますし、残業も少ないです。旅好きな私には、3連休・4連休をとれることも嬉しいです。新病院へと生まれ変わることにも大いに興味があり、希望して正職員になりました。

入職前と比べてどうでしたか?

前職までの大学病院や急性期病院は、常に忙しく緊張感もあって気づけば、時間が流れていました。当院では、患者さまやご家族とじっくりコミュニケーションがとれるようになり「寄り添う」看護が出来ています。特に新病院に移転してからは、訪問してくださるご家族が目に見えて増えたと感じます。当院は、徹底的な衛生管理をしているため病院特有の臭いが一切ありません。そのせいか「来るのが楽しみなのよ」と頻繁に来てくださるご家族も多く、さまざまなお話もしやすいと感じます。お見舞いにいらしたお孫さんの姿を、目を細めて見ていらっしゃる患者さまを見ると、自分のことのように嬉しくなって心が和みます。

職場の雰囲気を教えて下さい。

私が所属している3階の一般障がい者病棟は、20代を中心に看護師16名が所属しています。皆が中途入職で、私と同じ地方出身者も多いです。「何か残ってる仕事ある?」と声を掛け合い、送迎バスの発車時刻に間に合うようきっちり仕事を終わらせた時は、チームワークの良さを感じます。ドクターとの会話も多く、患者さまのお食事の様子等の細かいことまで看護師に確認に来てくれます。「最近はどこに登ったの?」と私が好きな山登りの話を聞いてくれることも。女性の院長とも普段から一緒にお仕事をしています。ご専門の肝臓治療について、当初流れが分からず戸惑っていた私に、仕事の合間に丁寧に教えてくださったのには感激しました。


看護部長の素顔

大学病院や公的病院で看護師としての歩みを深め、公的病院の看護局長兼副院長職を務め、定年後、同病院にて患者支援センターを立ち上げる。看護師人生39年間の最終章として、ほうせんか病院看護部長に就任。フェイスtoフェイスの顔の見える関係づくりをモットーとしている。

より働きやすい環境と、学べる体制づくりが私の使命です。

選んだ理由はなんですか?

慢性期病棟のある病院の特性から、計画的に患者さまの看護を行うことができ、達成感のある看護ができるのではないかと思います。また超過勤務も少ないため、子育て世代だけでなく仕事とプライベートのON・OFFができ、自分なりのワークライフバランスを保つことができています。

働きやすさのための工夫など、教えてください。

当院には緩和ケア病棟、亜急性期にも準ずる一般障がい者等病棟、療養病棟が設置されたケアミックス型の病院です。新人教育においては、北大阪ほうせんか病院とも協同し、必要となる基礎実践教育をOJTを含めて計画的に行っています。また緩和ケアにおける看護師のメンタルサポートなどその特性にあった教育・研修を計画し、外部研修や学会にも積極的に参加しています。臨床の現場では、アサーティブに会話やカンファレンスができる環境と「お互い様」の補完関係づくりを行っています。

看護に対する想いを聞かせてください。

患者さまがその人らしい生き方ができ、終末期を迎えることができることを慢性期看護の在り方として目指しています。病院が終の棲家となる方もいらsつしゃるでしょうが、地域包括ケアシステムにもあるように、できる限り患者さまが望む住み慣れた場所や環境に戻ること、また患者さまが納得できる場所で納得した終末を迎えることができることを看護の目標としています。

どんな看護師さんに来てほしいですか?

患者さまに限らず、相手が何を求め、何がしたいのか現状を踏まえて判断し考えアセスメントし、実行できる看護師です。求めるレベルが高いかもしれませんが、これが真の「やさしい看護」ができる看護師ではないかと思います。当院で働く看護師は皆同じ看護感を持って働いてくれています。その人らしい入院生活を送ることができ、その人が望む場所に帰ることを目指した看護を行いたいという方は是非来ていただきたいと思います。慢性期医療を中心としたケアミックス型の病院プラス訪問看護ステーションと選択肢は多々あります。


あなたのライフスタイルにあった働き方をほうせんか病院は叶えてくれます。

ほうせんか病院では、ライフスタイルにあった働き方はもちろん、院内でフェローが少しでも働きやすい環境を作る取り組みを行っています。

アクセス

院内見学・就職前相談・面接エントリーは随時受け付けております。
下記のフォームに必須事項をご入力の上、送信頂くか、お電話でも受付を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。
採用担当:人財創造本部編成部

は必須項目となります
お名前
フリガナ
生年月日
性別
男性女性
現住所
メールアドレス
お電話番号
資料請求
請求する請求しない
見学希望
希望する希望しない
選考希望
希望する希望しない
記入欄

見学・選考希望日時 その他
《例》3月11日(土)10:30

インターンシップ申し込みます
はいいいえ

エントリー完了の流れ