緩和ケア病棟

当院の緩和ケア病棟は4階フロアに位置し、パリアティブ・ケアを謳うほうせんか病院の理念を体現したフロアです。患者さま、ご家族さまが交流し、絆を深めていただきたく、本格的な鉄板焼きが楽しめるラウンジがあり、デイルームにはキッチンが付いていて食を通じての交流にご家族でご利用頂けます。他にもカラオケルームや家族風呂もあり、患者さまやご家族さまのご要望にあわせて お使いいただけます。

4F 緩和ケア病棟フロア案内図

緩和ケア病棟の理念と基本方針

患者さまやご家族さまが安心して緩和ケアをうけられ、患者さまがその人らしい時間を過ごせるように、やさしさ、心のこもったおもてなしケアを提供します。

  • 1.こころや苦しい症状の緩和をめざします。
  • 2.生命を尊重し、死を自然の過程と見守り、患者さまの持たれている力で、自然の流れに沿ったケアを実践します。
  • 3.患者さまの価値観や考え方を尊重し、身体的な苦痛暖和にとどまらず、精神的、社会的霊的な側面から総合的提供されるケアの提供をめざします。
  • 4.患者さまやご家族さまの心の支えとなれるよう寄り添い、安らぎをえられるようケアの充実をはかります。

緩和ケア病棟の理念と基本方針

がんにより痛み、吐き気、息苦しさなどの様々なつらい身体の症状や精神的な苦痛を和らげ、ご家族さまを含め患者さまの心理的、 社会的な苦しみや悩みを和らげるケアを行います。また、患者さまの意思を尊重し、その人らしく充実した日々が送れるような援 助を行います。

  • ・がんによって生じるさまざまな症状の緩和が外来の診療では難しい患者さまを対象とします。
  • ・患者さまが緩和ケア病棟への入院を望んでいることを原則とします。
  • ・緩和ケア病棟入院時に、病名・病状を告知されていることが望ましく、もし告知されていない場合は、
    患者さまの求めに応じて主治医が適切に 病名・病状の説明をすることをご家族さまが承知されていることを原則とします。

入院までの流れ

緩和ケア病棟へ入院するには、必ず事前に「緩和ケア外来」(完全予約制)を受診していただきます。
まずは、「豊泉家地域連携センター」までご相談下さい。

緩和ケア病棟写真ギャラリー

緩和ケア病棟の写真ギャラリーをご覧いたけます。写真をクリックすると画像が拡大いたします。