循環器内科

循環器内科の対象疾患としては高血圧、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、心不全、動脈瘤、不整脈、動悸、息切れなど(含 メタボリックシンドローム)が有ります。
また、検査項目は採血検査(循環器特殊検査含む)、心電図(安静、負荷)、心臓、動静脈超音波検査、マルチディテクションCT(MDCT)、造影検査(3次元画像構築処理含む)などになります。

医師 得丸 智弘
日本循環器学会専門医
日本不整脈学会会員