リハビリテーション科

慢性期の患者様に対し体力や能力の低下を防ぎ、身体的、精神的かつ社会的に最も適した生活の獲得や介護負担の軽減などを目的に、患者様の年齢やその日の体調に合わせて無理のないリハビリテーションを実施しております。

メッセージ

■理学療法
呼吸器疾患、脳血管疾患、運動器疾患に対し個々の能力に応じた理学療法を実施し動作や歩行能力の改善に努めています。
また、必要な患者さんには温熱療法・低周波療法・牽引療法など各種の物理療法などを用いながら、痛みの軽減や緊張の緩和を行い、治癒の促進を図っています。

■作業療法
身の回りの動作(食事・服の着替え・トイレ動作など)や家事動作(掃除や洗濯など)、余暇活動(趣味など)等、人が行うすべての活動を「作業活動」といい、作業療法の治療や援助の対象となります。作業療法では、こころと身体の両面から患者様がその人らしい生活を送れるように援助をします。

■リハビリテーション科からのお願い
診療報酬の規定により、リハビリテーション対象疾患ごとに保険算定日数の上限が定められております。このため、リハビリテーションを無制限に実施することは困難な状況であることを予めご了承ください。